日本ハム球団の戦略

あくまで私の主観だがプロ野球12球団で1番コスパが良い

球団運営を行ってるのは北海道日本ハムファイターズではないだろうか。

とにかくこの球団は常に先を見据えた補強、育成をしている!

んで基本お金は使わず勝てるチ―ム造りをする!

親会社の運営が厳しく決してお金が使えない訳でなく

むしろ財務状況は良く儲かっているのだ!

つい先日日本ハム岡大海とロッテ藤岡貴裕とのトレ―ドが発表された。

ここ数年1軍でもそれなりに数字を残してる岡と年々数字を落としてる

藤岡では日本ハムが損をしてると思われてるのが大半だろう!

目先だとそうだが岡とポジションのダブる外野手の若手4年目の浅間大

基を育てたいのと藤岡の再生に自信があるのだと思う。

数年前も日本ハム吉川、石川と巨人大田、公文のトレ―ドがあり

実績では不釣り合いと言われたが年俸も7000万あった吉川を

放出して2軍では無双して潜在能力も高く年俸も1000万ちょいの

大田と同じく年俸1000以下で2軍では数字を残してた公文を獲得。

このトレ―ドから2年が経ったのだが大田、公文とも1軍で活躍

しておりなんともコスパのよいトレ―ドとなったのだ!

日本ハムは基本活躍した選手の年俸が高騰するとFAかトレ―ドで放出し

若手を育てるの繰り返しを行っている。

それでも2005年から昨年までの13年間で5度のリーグ優勝と

当たり前のように優勝争いはする勝てるチ―ムなのだ。

FAでの補強も基本はせず例外的に過去獲得したのは2人だけなのだ。

その2人とは新庄剛志と稲葉篤紀である。

獲得した時の2人の年俸はそれぞれ5000万程であり

2人のその後の活躍やグッズ販売など球団に与えた好影響は

とても大きくかなりの費用対効果となったのだ!

どこぞの球団のようになりふり構わずメジャ―帰りの選手やFA選手を

取りまくってるのとはえらい違いである。

このどこぞの2球団も少しは補強育成のあり方を見習うべきだろうと思う!

ここ10年で主力でありながらトレ―ド又はFAで日本ハムを出て

いった選手達はというと

建山、森本、小谷野、糸井、ダルビッシュ、大引、吉川光、藤井、増井

大野、谷元、陽、大谷、小笠原、岡島、   鶴岡、田中賢(出戻り)

主力移籍しすぎ(笑)

ダルビッシュと大谷は別としてこうして見ると出ていった選手の

ほとんどは日本ハム時代がピークだな(*’▽’)

糸井もFAで出ていかれるのを見据えてのトレ―ドだったらしく現に

オリックスからFAで阪神に移籍したしね。

日本ハムの常に先を見据えた戦略はほんと凄いがシビアすぎな気も…

まあ投資とも通づる点はあるのでその辺は俺も見習わねばっ( `ー´)ノ

余談だけど今の主力で年俸高騰での放出候補は中田、西川、近藤あたり

だろうね。

んで次世代のスタ―候補も清宮、浅間、石川直、堀がスタンバってると…

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク