元巨人村田の引退を美談にする必要はない

先日プロ野球の支配下登録期限の7月31日が過ぎ今季中にNPB復期を

目指していた元巨人の村田修一の希望は断たれた形となった!

これまでの実績と昨年の成績118試合262、14本58打点

特に大きな怪我をしてる訳でもないのにどこの球団からもオファーが

無くマスコミやファンから注目されていたのだ。

年齢もまだ38歳で守備力もそれほど衰えてなく昨年の成績でどこからも

お声が掛からないのは異例中の異例だ。

そしてメディア達は後輩からも慕われているとか、このまま村田を

引退させるべきではない。とか家族の為単身赴任で…とか美談に仕立て

ようとしてるがそういうのは全くもってナンセンスだと思う!

何故なら今の状態からの獲得ならば年俸800万以下でも獲れるにも

関わらずどこからもオファーが無いのが全てを語っているのだ!

あと最初は大人しくしてても何れ本性を現すという中村ノリの前例が

あったのも一理あると思う!

FA後の巨人時代はまだ多少丸くなってたが横浜時代の横暴さは

まあ凄いものがあった。

ベンチではふんぞり返ってたり凡打では適当に走る。ホームでの勝利後のファンとのハイタッチでは笑顔なく面倒くさそうにハイタッチしており見てていいものでは無かった。

コーチとして1年横浜に在籍してた駒田も後に「大変なとこに来てしまった!」

と発言しており 選手の中にボスがいて~~~と

様々なとんでもエピソードを披露しており

選手の中のボスは村田である事はまあ間違いないだろう!

また自分で印象に残っているのは尾花政権時代の横浜スタジアムでの

中日対横浜の試合! 当時中日は落合政権で毎年のように優勝争いを

しておりこの年もセリーグを制覇している強豪!

反対に横浜は最下位が定位置の万年弱小チ―ムだったのだが

守備機会での内野ボ―ル回しが中日は井端、荒木などの実績もある

ベテランでも丁寧にボ―ル回しをしているのに対し

横浜は村田を中心にだるそう、適当という言葉が当てはまるような

ボール回しをしていたのを今でも覚えてる!

巨人時代も原監督に「闘っているように見えない」と早々と交代され

更に試合中にも関わらず自宅に返されるという事もあったのだ。

恐らく不貞腐れた村田がいるとベンチの雰囲気が悪くなると思っての

決断だろう!

昭和時代のプロ野球選手のとんでもエピソードは沢山あるが

今の時代の村田の振る舞いの数々はとても異質でありまだまだ現役で

やれるにもかかわらず引き取り手が無いのは

自業自得、身から出たサビなのではないのだろうか…

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク