カラフルな生き物

昨日こんな記事を発見しました。

ピンク色のバッタとの事。

突然変異で黄色の蛇が見つかったりアルビノ種(白色)

やメラニズム(黒色)がいるのは知っていたけどピンクはレアだね~

ピンクっていうと如何にも人工的な感じがするけど自然界でも

出るもんなんだね…(‘ω’)

この記事を見て思いだしたのが昭和の時代に祭りの露店なんかで

売られてたカラーひよこ!

ここでカラーひよことは⇒⇒主に養鶏場で採卵用に人工孵化させた

ひよこの内雄のひよこは成長しても産卵しない上に食肉用のブロイラー

に比べて飼育効率、育成率におとり用途に恵まれない為この用に

色を付けるという工夫を加えぺット用として販売していたのである。

しかしその着色の仕方はスプレーを使うという方法だった為に

購入してもすぐに死んでしまったという話も屡々…

現在の日本では動物愛護法の関係でその姿を見る事は無くなったが

海外なんかだとまだ頻繁に売られてるそうだ( ゚Д゚)

しかも着色のやり方も現代の最先端テクノロジーを使い

生まれながらに色つきひよこが誕生するという物!!!

卵の中に過酸化水素やアンモニア、食品着色料などを

入れ成長過程ですでに色を付けるという方法

色つきの液体を生まれる前に浴びる事で全身が鮮やかな色に

染まるというものらしい。

ん~~なんか複雑な心境になるよね(*_*)

けどこのやり方でも長生きは出来そうにないよね…(゜゜)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク