Vリーグ観戦とマニアックな回想。

先日11日12日は浦和にあるサイデン化学

アリーナでバレーボール観戦!

JR西浦和駅から歩いて35分位で到着。

んで入口も周辺も殺風景なこの感じ…

今回はファイナル8の試合、シーズンも終盤の

大事な試合にも関わらず殺風景な体育館周辺…

しかもトップリーグの試合ですぞ。

昨年来た時のレギュラーラウンドの試合の方が

体育館周辺も賑やかというね、

バレーボール機構の幹部はバスケのBリーグの

試合を観に行き営業面も研究して何故短期間で

あそこまで成功したのか考えたらどうだい?

バレーボールの代表戦は大体民放のゴ―ルデンで

放送が有り代表選手なら一般人にでも知名度はあります。

そのバレーボールのトップリーグ。

これだけレベルが高く熱いプレー、感動的な試合が

繰り広げられてるのにも関わらず客入りはイマイチで

注目度も低いのは何故かを考えたらどうだね!?

で第一試合はプレミアカンファレンス1位の

デンソー対スターカンファレンス4位の上尾

自分が注目すべきは上尾#8吉野優理選手

埼玉上尾メディックスといえば土田、皆本、

ジャッキー、コアラキ、吉村、近藤が居た頃も

割と好きだったが大体決まって終盤の23-22

とか5セット目13-13とかから近藤、コ荒木

辺りが連続サービスエ―スを献上してジ、エンド

という試合を何度見せられた事か…

新鍋みたいな選手がいれば守備から崩れて負ける

事も無いんだがなー、

と思っていたらいつの間にか

入団していた吉野選手!!

攻撃も強弱をつけるのが得意でブロックタッチ、

ブロックアウトも取るのが上手く守備も抜群の

安定感!

Vリーグ観戦歴は8~9年だが昨年見た感じ

高卒ル―キーでは一番キャッチが

上手い選手だと思ったね!

高卒ルーキーでキャッチ有りのサイドで

スタメンで出続けた選手自体

石川、古賀、黒後、長内等と僅かだが

その中でも吉野はダントツでしょ!?

自分が決めた時より若い控えの選手が決めた時の

方が喜んでいたりと人間性もとても良さそう(^-^)

20歳でまだまだ伸びしろもあり期待の選手だ!

一方デンソーエアリービ―ズは#15鍋谷友里枝選手

デンソ―で高卒新人時代から出場してるし代表でも

活躍し知名度もある事からミスデンソーと言っても

過言ではなかろうか(‘ω’)

鍋谷選手も昔から笑顔と元気溢れる

プレ―スタイルで応援したくなるような

選手だよね(*‘∀‘)

デンソーの鍋谷、大竹選手が新人だった頃かな、

その頃は2部だった江畑選手率いる日立リヴァーレ

との入れ替え戦は涙、涙のメチャ熱い試合だったな。

秦野の現地で観戦してたけどよりバレーボール観戦に

のめり込むでキッカケになった試合の一つだったな~

余談だが以前鍋谷選手と中学時代同じバレー

チームでやってたという女性と話をした事が

あるがいい子すぎて一部から僻まれてたらしい…

今も知名度はあるのに気取らず

性格も良さそうだもんな。

試合はシニア―ドを完全に封じた

埼玉上尾が3-0でデンソーに勝利!

第二試合はスタ―2位の東レアローズ対

プレミア3位のNECレッドロケッツの試合

東レは自分が見始めた頃は木村沙織、アラキング

高田ありさ、迫田、中道というメンバーで黄金期

だったな!

当時は控えだった木村沙織の妹木村美里と堀川が

出番は全くないんだけど毎試合控えゾーンから

一生懸命声を出してたのが印象的で

数年後二人共レギュラーになり報われて良かったなー

と親心のような気持ちになったものでした(笑)

NECレッドロケッツは#8奥山優奈選手

とにかくメチャクチャ明るい!!

ここ2シーズンは全く出番は無かったもの

ベンチ外や控えゾーンから笑顔で必死に声かけを

しておりもっとコート内でプレーを見たい選手の

1人でした( ;∀;)

奥山選手が3年目だかのシーズンで第二セッターの

位置にいて正セッターも掴むかってタイミングで

黒鷲旗の試合中怪我しちゃったんだよな~…

大阪の現地で観てたがあれは悲しかった(>_<)

それもあってNECは急遽2部チームで活躍してた

正里奈選手を獲得したんだよね。

試合は新人古谷選手の活躍もあり2-1と

リードするもそこからまくられ

東レ3-2NECという結果に。

翌12日の第一試合はスタ―1位のJTマ―ヴェラス対

プレミア4位の久光製薬スプリングス

久光製薬スプリングスはここ7シーズンで

5度の優勝!2度の準優勝というまさに女王!

自分が見始めの頃全日本の石田選手がいたにも

関わらず石田選手を押し退け若手の

石井優希選手が使われ続け当時の中田久美監督が

「彼女はモノが違う」

と言い放ちレセプションではじこうが何度スパイク

ミスをしようが使われ続けてた印象があるな、

そして久光又全日本の主力に成長し

中田監督の見る目は確かだったんだなーと実感。

しかし本日の試合はJTに3-1で敗れほぼ

ファイナル進出は絶望的となり長年チームを

支えてきた新鍋、岩坂、石井選手もキャリア

終盤て事を考えると久光の一時代は

終わったのかも、という印象かな。

JTはというと現時点ではチャンピオンの最有力候補!

監督が吉原さんになってホント変わったよなー。

悪いんだがJTが2部降格した際の前任の監督は

覇気もエネルギーも感じられんかったからなー

見始めの頃は竹下、位田、大友愛、石川選手等が

主力だったな。

果たして今季はこのままの勢いでJTが優勝するのか!?

優勝したらTBSのバースデイでまた特集組まれ

そうだな(笑)

第二試合はプレミア2位の岡山シ―ガルズ対

スター3位のトヨタ車体クインシーズ

岡山シ―ガルズは伝統的に守備も繋ぎも良いチーム

んでアタッカー陣はブロックアウト、ブロックタッチを

取るのが上手で同じ選手が連続ドシャット喰らう

ってほぼ見ないもんな。

んで昔から誰が出て来てもブロックフォロー

やディグが上手!

なんか他チームとは違う特殊な練習でも

してるんかね!?とつくづく感心(*’ω’*)

ただねー岡山はチーム方針なのか基本選手達は

ゲーム中は笑顔も少ないし喜ばない。

主観だがバレーの魅力は

笑顔! 元気! 一体感!

だと思ってるのでそこはバレーファンとしては

イマイチなんだよなー。

しかしそんな中今までの岡山の選手とは毛並みの

違う選手が入団し主力に成長!

#8及川真夢選手!

笑顔とガッツポ―ズが(・∀・)イイネ!!

全日本代表ミドルは荒木、芥川、奥村選手と

年齢面を考えると若い及川選手の代表入りも

大いに考えられると予想!

あの笑顔は代表入りしたら

人気出るんじゃないかな(^-^;

トヨタ車体クインシーズは

外国人助っ人のネリマンが加入してから

チームカラーもガラリと変わったよね!

攻撃面だけでなく守備も良く献身的で

チームの話にも進んで入る。

ネリマンがいる時のチームで一度優勝も

見たかった気もするが今季が最後のチャンスか!?

んでトヨタ車体と言えば自分的には

竹田沙希選手と藤田なっちゃん

試合中の声の五月蠅さで言えば

男子は合成の高松  女子は車体の竹田!

んで現代では珍しかった

闘将!!熱血感!!

又竹田選手は晩年チーム2番目のベテランにも

関わらず一番声を出していたね。

竹田が控えゾーンに来るとよく声を出すから

それまであまり声を出していなかった若手も

声を出さない訳にはいかないというね(*’▽’)

特に車体ファンじゃないけど竹田は応援していた!

ていうバレーボールファンも多かったのでは!?

他にも平松、竹内あか里、竹内彩、山田真理

カナ二が居てカナ二のタイムアウト中の

冷却っぷりが凄まじかったのは

よーく覚えてる(笑)

この日の試合はややネリマンが抑えられた

印象もあり岡山が3-2でトヨタ車体に勝利!

Vリーグの選手達はいつも元気と感動をありがとう!

毎試合DAZNや会場で良いエネルギーを貰っとります!!

スポンサーリンク


 


 

コインチェック

☆彡新生コインチェックはセキュリティも万全です☆彡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク